2021年度「半学半教」グループディスカッション参加者募集(学部生・大学院生)

本リーディングプログラムは、超成熟社会における課題を俯瞰的に抽出し掘り下げるとともに、社会実装に資する独創的な施策を打ち立てられる総合力に富んだ新しい博士課程修了者を社会に送り出すための教育プログラムです。2021年度は、このプログラムのコアの1つとなっている、企業等のメンターを交えてお互いに学びあい、教えあう、「半学半教」のディスカッションの場を塾の学部生および大学院生にも門戸を開くことにしました。「持続可能な社会」構築に向けて、問題の本質を追究し、解決のための具体的な行動を起こす意欲と熱意を持っている学生の皆様の参加を募集します。

このディスカッションは、本プログラムの大学院生(6期生7期生)と企業等からのメンターが毎週土曜日にオンラインで開催しています。本プログラムの大学院生は、さまざまな専門性を持つ企業メンターとのディスカッションを通じて、問いを立てる力や課題を解決する力を身につけています。本テーマに関する事前知識や専門知識は必要ありません。いろいろな人と議論することに興味のある方、新しいアイデアを生み出すことに関心のある方、社会課題の解決に興味のある方はぜひご参加ください。

1. 対象:慶應義塾大学に在籍する学部生・大学院生(学部・研究科、学年は問いません)(若干名)
2. 参加期間:2021年度の毎週土曜日午後(主に14:45~18:00の範囲の90~180分)
3. 開催場所:コロナ禍対応のため春学期はオンライン(WebexやZoomによるビデオ会議形式)
4. 議論するテーマ案:(下記のいずれか)
テーマ1:スマートシティ構想および緊急事態時の事業継続計画(BCP)
テーマ2:介護施設の課題解決の検討・提案
5. 募集期間:2021年3月~6月末
6. 備考:本募集は、リーディングプログラムのRA採用ではなく、経済的サポートはありません。
7. 応募方法:下記リーディング事務局までご連絡ください。プログラムコーディネータとの面談を受けて頂きます。

皆様のご参加をお待ちしています。

慶應義塾大学 博士課程教育リーディングプログラム
オールラウンド型 「超成熟社会発展のサイエンス」 事務局