第5回政策提言公聴会

2021年2月18日(木)、博士課程に在席する5期生3名と6期生1名による第5回政策提言公聴会をオンラインにて開催しました。本年度は、政策提言4件に加えて、RAがこの1年間グループ単位で取り組んできた社会課題解決プロジェクト5件を発表しました。産業界、シンクタンク、省庁関係者、大学等から30名を超える方々にご参加いただき、発表者の提言に対して、率直な質問やコメントをいただきました。

PDFは、ここからダウンロードできます。

社会変革を目指す新たな潮流
エネルギーに満ちた若手が、5年間かけ完成させた提案

日時:2021年2月18日(木) 14:00~17:20
会場:オンライン開催(Webex)

式次第:
14:00 開会挨拶 プログラムコーディネーター・教授 神成文彦
14:05 来賓挨拶 文部科学省 大学改革推進室・室長補佐 髙橋浩太朗氏
14:10 社会課題解決プロジェクト報告発表5件
15:35 休憩(15分)
15:50 政策提言発表4件
16:58 講評と閉会挨拶 理工学部訪問教授・政策提言担当 永野 博
17:00 閉会

  • 来賓挨拶
  • 講評と挨拶
  • 開会挨拶
  • 会場の様子
  •  
  • 政策提言発表の様子
  •  
  • 集合写真
☆発表者リスト
No.
(時間)
氏名 所属学年 社会課題解決プロジェクトテーマ
1
(14:10~)
早坂若子
角 晴美子
文副M1
理工D2
慶應義塾のBCPを考える
2
(14:27~)
黒部聡亮
水口高翔
理工D3
理工D2
Sci-Fi Future Designの開発と実践
3
(14:44~)
小久保智淳
小関健太郎
香西孝司
理工副M1
文D1
理工D2
モードチェンジする都市
―感染症に対するレジリエンシー強化―
4
(15:01~)
石川祐希
飯井虹之介
医副M1
商副M1
ポストコロナ時代を生き抜く人材育成の実現に向けて
―高大連携による半学半教―
5
(15:18~)
勝野晃弘
中村拓登
古志 飛
経済副M1
経済副M1
医副M1
介護施設の課題解決の検討・提案
―マネジメントによる根本的解決にむけて―
(休憩15分: 15:35~15:50)
No.
(時間)
氏名 所属学年 提言先 政策提言テーマ
1
(15:50~)
黒部聡亮 理工D3 農水省
企業/NPO
食品ロス有効利用に向けた持続可能なエコシステムの提案
―個人型社会ポイント制度actcoinの導入―
2
(16:07~)
香西孝司 理工D2 経産省
地方自治体
銀行の持つ地方中小企業情報のスコア化による
事業承継型M&Aの促進
3
(16:24~)
角 晴美子 理工D2 厚労省
都道府県
指定都市
認知症カフェの持続と発展
―何があってもQOLを保つために―
4
(16:41~)
水口高翔
中村拓登
理工D2
経済副M1
内閣府
厚労省
ポストコロナにおけるフレイル予防を目的とした
高齢者向けオンライン生活支援策に関する提言
―東日本大震災の被災地居住高齢者への
個別的オンライン支援事業i-MgNT(愛のマゴの手)を例に―