2022年度 サマーキャンプ

日程:
2022年8月27日(土) ~ 8月29日(月)
場所:
大分県中津市 福澤旧邸・記念館、新中津市学校、など
参加者:11名(RA5名、RA修了生1名、メンター3名、教員2名)

 

コロナ禍など困難を極める現代において「福澤諭吉なら何をするか」をテーマとして、諭吉ゆかりの地、中津を訪ね福澤旧邸・記念館などでフィールドワークを実施しました。また、慶應義塾と新中津市学校の共同研究の一環として、将来を担う地元の高校生向けの市民講座みらいLab.を開催しました。市民講座での活発な活動の様子は、中津ケーブルテレビでも紹介されました。

高校生向けの市民講座”みらいLab”のプログラム概要

1. 慶應義塾大学リーディングプログラム(オールラウンド型)とメンバーの紹介
2. 大学生活の紹介と座談会
(1) 慶應義塾生の大学生活の紹介(RA3名、修了生1名)
(2) 座談会(3グループに分かれて質疑応答)
3. 中津市のまちづくりを考えるフューチャーデザイン・ワークショップ
(1) 3グループに分かれ、フューチャーデザイン・ワークショップの手法に基づき、「50年後の中津市がこうなっている」という魅力的・希望的な未来像をその時代の社会や環境、技術を想定して議論
(2) その議論の結果を50年後の新聞記事の形にして、各グループの代表者(高校生)が発表
4. RAが取り組んでいる政策提言のテーマを紹介

中津市教育委員会 教育長 粟田様ご挨拶

コーディネータ 神成教授挨拶

大学生活の紹介と座談会の様子

フューチャーデザイン・ワークショップの様子

RAの政策提言の紹介

集合写真