2020年度 サマーキャンプ

日程:
2020年9月5日(土) ~ 9月6日(日)
場所:
ヴァーチャル会場
参加者:
25名

コロナウィルス感染防止のため、今年度のサマーキャンプは合宿形式ではなく、オンライン形式で開催しました。少人数での討議と全体討議を円滑に行うため、オンラインカンファレンスツール”Remo (https://remo.co)”を使用して開催しました。

サマーキャンプでは、主にオンライン三田祭で効果的に発表する方法やその工夫を検討しました。三田祭へは、リーディングプログラムの活動成果を学内外へ発表する一つの場として、2019年度より出展しています。本年度も、2020年度春学期を通じて、深掘りを行ってきた5つの一般プロジェクト* の成果を三田祭で発表いたします。オンデマンド形式に加えて、ライブ配信での発表も企画中です。詳細が決まり次第、本ホームページでお知らせします。皆様のご来場をお待ちしております。

また、例年サマーキャンプでは、リーディングプログラムの修了生やメンターOB/OG等も参加します。今年度は初日の夜に開催したオンライン懇親会へ、21名のOB/OG等が参加し、近況や情報交換を行いました。

* 一般プロジェクトは、メンターが提案する社会課題テーマに取り組むことにより、課題発見・解決力と企画力を磨くプロジェクトです。

サマーキャンプに参加したプロジェクトメンバー

PJ1 『慶應義塾のBCPを考える』

   RAs: 角 晴美子、早坂若子
   Advisors: 近藤宏二、小杉俊哉

PJ2 『Future Design & コロナ・シンギュラリティ』

   RAs: 水口高翔、黒部聡亮
   Advisors: 田中 徹、牧野 司

PJ3 『スマートシティ・プロジェクト』

   RAs: 小関健太郎、小久保智淳、香西孝司
   Advisors: 久木田信哉、本田新九郎

PJ4 『遠隔Xの調査&パンデミック克服』

   RAs: RAs: 石川祐希、飯井虹之介
   Advisors: 野本和正、石川 晃

PJ5 『介護施設の課題解決の検討・提案』

   RAs: 勝野晃弘、中村拓登、古志 飛
   Advisors: 河原塚 徹、清水博幸、神成文彦

集合写真

会場レイアウト