RA研究発表会の開催(2019年度)

2019年12月7日(土)、日吉キャンパス西別館にて、RAが日頃取り組んでいる主専攻あるいは副専攻の研究を発表する「RA研究発表会」を開催しました。本発表会では、お互いの専門性について理解を深めることを目的としています。

本プログラムは研究科横断型の大学院教育プログラムです。研究領域の異なるRAが、毎週土曜日に、産業界シニアメンターと超成熟社会の課題について議論しています。一方で、普段は各々の専門性については十分話す時間がありません。そこで、お互いの専門性を理解する機会として、本発表会を開催しています。

本年度は22名のRAが発表者としてエントリーし、研究の目的や背景、昨年度からの進捗等について発表を行いました。会場には、10数名の産業界シニアメンターや教員も参加し、議論を深めました。専門性が異なる人どうしが相互に内容を学び、議論することが、研究活動やプロジェクト活動の力となることを期待しています。

上図は、ワードクラウドを用いて、今回発表した22名の研究キーワードを可視化しました。
 

ポスター発表の様子