小林 優一

主専攻 経済学研究科 D1
研究テーマ

「互助」の割合を限りなく増やした社会システムの構築

趣味 書道、からだを動かす事、映画鑑賞

RA自己紹介

 学部入学当初から後期博士課程まで進学する予定でした。学部二年生時に全国のリーディング大学院を見に行き、一番私に合うと思ったのが慶應でした。その理由の一つは、講義の殆どが英語で行われる環境下で、世界の舞台で勝負出来る素地を身につけられると思ったからです。
 リーディング大学院では、違う背景を持つメンバーやメンターと共に議論する中で物事の本質を見極める見識や、5年間のプログラムを通じて海外インターンシップや海外短期留学の中で社会のニーズへ即した実践的な知識を養う事もできます。こうした環境を生かして、将来的にRAメンバーでネットワークを組み、何か日本へ恩返しがしたいです。