吉岐 航

主専攻 修士(工学)
修士(商学)
博士(工学)
副専攻 商学研究科 修士(商学)
研究テーマ

光エレクトロニクス、光マイクロデバイス

趣味 映画鑑賞、テニス

RA自己紹介

私の主専攻は理工学研究科で、微小光共振器という素子を用いた光通信デバイスについて研究を行っています。後期博士課程への進学に興味を持ち始めた時に指導教員に紹介していただいたのが本プログラムで、自らの専門だけに捉われないオールラウンドな博士を育てるというコンセプトに魅力を感じ応募することにしました。春の選考では不合格となり一度は諦めかけましたが、友人の叱咤激励のおかげもあり再挑戦を決意し、秋の選考にて採用して頂くことになりました。
プログラム内では自分の専門の将来的な応用先だと考えられる情報通信産業の今後の在り方に関して、グループプロジェクト演習においてはメンターの方々のご指導の下ビジネス的な側面から、副専攻の商学研究科においては学問的な側面からそれぞれ学んでいます。また、学内の各研究科から医学、政治学、芸術など様々な専門を持つ学生が集まっているので、主専攻とは全く異なる思想や研究の手法に触れることが出来るのも大きな特徴です。複雑化する社会を正確に捉えるためにはこういった主専攻以外の視点を持つことも必要でしょう。リーディングプログラムには新たな視点/広い視野を得るための「きっかけ」、そしてそれらを深化させるための「機会」を提供してくれる場であると私は考えています。

RAの生活

ある土曜日のスケジュール

ある2・3週間のスケジュール

9:00
起床。
1限からのCommunicationSkillsは昨年度履修済みなので、今年度は少し寝坊できる。
9:30-
昨夜用意したグループプロジェクト演習の報告資料をチェック。
それが終われば英語のe-learningを行うこともある。
マイブームはMITの”OpenCourseWare”。
12:00
日吉西別館到着。
大抵、西別館に入ってすぐのテーブルにてRAが集まって雑談しているので、それに加わる。
その後何人かと一緒に昼食へ。
13:00-
グループプロジェクト演習。
NTTの日森先生(メンター)にRA2期生一人を加えた3名で、昨夜より準備してきた内容についてディスカッション。
正式なグループ演習の時間ではないが、メンターの先生のご厚意で追加的に時間を取って頂いている。
14:45-
引き続きグループプロジェクト演習。川崎市オムニバス講演を終えたRA3期生が加わる。
RA3期生の今後のテーマ設定を中心に4人で議論。
16:30-
キャリアパス講演。
講演者の方々の様々なキャリアパスは大変参考になる。
18:00-
帰宅。
住んでいるマンションが同じかつ専門が非常に近いRA2期生がいるので、一緒にレーザやら光ファイバやらの話で盛り上がりながら帰る。
19:00-
家族と夕食。
21:00-
映画を見たり、テレビでテニスの試合を観戦したりする。
土曜の夜は基本的にはオフで、日曜からまた活動を再開する。
来週の予定を確認した後、適当な時間に就寝。

インターンシップについて

修士1年の2月にサンフランシスコにて1か月間のインターンを行いました。私のホストカンパニーは世界各都市の観光情報をweb上で提供する会社でした。英語の会話の文法や発音は終始ぼろぼろでしたが、インターンを進めていく中で徐々に英語での会話に臆する気持ちは無くなっていきました。また、職場で唯一の日本人だったということもあり、日本人向けコンテンツの作成という責任ある仕事を任せてもらったことは、海外で仕事を行うことに対する自信となりました。自身の英語力の未熟さを痛感はしたものの、今後海外の企業や研究機関で活動を行うための第一歩として、今回のインターンでの経験はとても貴重なものとなりました。
日米の働き方の違いという点で印象的だったのは勤務時間の違いです。職場の同僚たちは始業時間に遅刻してくるにも関わらず定時には帰っていました。彼らの作業効率の高さを見習う必要がある一方で、仕事に対する勤勉さというある種の「日本人らしさ」も持ち続ける必要があると感じました。

これから本プログラムを目指す学生へ

日本の大学院において、これほどまでに多様なバックグラウンド(異なる専門、異なる立場(産業、行政、大学) )を持つ人々が集まる環境は、本リーディングプログラムを除けばおそらく無いでしょう。「より広い視野を持ちたい」「何か新しいことに挑戦したい」という希望を持つ方がいらっしゃいましたら、本プログラムへの参加を是非検討してみて下さい。