米山 慎太郎

主専攻 理工学研究科 M1
研究テーマ

統計的因果推論

趣味 茶道、読書

RA自己紹介

私は人文・社会科学を重要視しています。世の中を理解するのに、これらのものが重要だからです。例えば、古代ギリシャのような、現在と比較し非常に簡素なシステムにおける哲学では、人間の本質的な問題がシンプルに考察されているため、これを理解することは人間を理解することにつながります。
私の専門である統計学では、数理的な要素に加え、実際にデータへの応用を行う際にはデータ自体の性質も十分に理解していることが望ましく、人文・社会科学の視点に基づき、定性的にデータを見ることも重要となります。
私は本プログラムを通じ、数理統計、人文・社会科学の視点を同時に養い、広く深い洞察に基づくパースペクティブをできるようにしていきたいと考えています。