長尾 建

主専攻 修士(工学)
修士(商学)
博士(工学)
副専攻 商学研究科 修士(商学)
研究テーマ

コンピュータグラフィクス、コンピュータビジョン

趣味 音楽鑑賞、絵画、ゲーム

RA自己紹介

私は入学当初から、後期博士課程まで進学する予定でした。これは、専門を深めるところまで深め、その分野の発展に貢献したかったからです。その一方で、ある一つの視野のみを追求することには疑問を感じており、多様な視野を内在する必要性というものを日頃から感じていました。そのなかで、グローバルな視点から超成熟社会への発展に挑むこのリーディングプログラムを知り、参加の意思を固めたのです。
RAとして採用された後、このプログラムの中でまず刺激的だったことが、最先端で活躍されているメンター方とのディスカッションです。実際の社会での豊富な経験に基づいたお話は、まだインターンシップやアルバイトでしか社会で働いた経験がなかった自分にとってとても新鮮であり、かつ多くの事柄に対する知見を深めてくれました。そして、英語のみで進められる多彩な授業・発表は、単純な知識・技術の拡大にとどまらず、様々な観点からものごとを観る力を養ってくれます。私の将来の目標は、私の主専攻の分野であるコンピュータグラフィクス・コンピュータビジョンの観点から、消費社会、特にマーケティングの領域に新たな側面を与えることです。これらを実際の社会で実現・発展させるための確固たる道筋を、リーディングプログラムを通して作り上げていきたいと感じています。

RAの生活

ある土曜日のスケジュール

ある2・3週間のスケジュール

7:00
起床。朝食後、シャワーを浴びて目を醒ます
8:00-9:00
自宅から日吉西別館へ移動。土曜日なので電車に座れる
9:00-10:00
準備してきた自分のグループ演習の内容を再確認
10:00-11:00
メンターと自分のグループ演習に関するゼミを行う。関連研究調査の重要さを再確認
11:00-12:00
メンター、他のRAと共に、マーケティングに関する輪読会を開催
12:00-13:00
その場にいた皆で外食に。日吉にはおいしい料理屋が多いのが嬉しい
13:00-14:30
二期生のグループ演習の発表を聴く。春に比べてさらに精緻化された内容に感心する
14:30-16:30
メンターグループごとに分かれて二期生とともにグループ演習のディスカッションを行う
16:30-18:30
ELSEVIER社のKarlssonさんの講演を聴き、研究者としてのあり方について考えさせられる
18:30-21:30
メンターグループで飲みに行く。学業に限らず色々な話題で盛り上がる
21:30-22:30
自宅へ移動
22:30-
シャワーを浴び、今日の内容を軽く復習する。その後、テレビゲームをして就寝

インターンシップについて

2013年3月の一ヶ月間、私はサンフランシスコにある携帯ゲーム会社で海外インターンシップを行いました。そこでは、英語を用いたコミュニケーションで自分の意見をうまく伝える方法から、自分の専攻であるコンピュータグラフィクスという分野が社会でどのように活用されているのかということまで、多くを学ぶことが出来ました。
これらのなかで何よりも印象的だったことが、日本と米国の文化の違い、特に自己表現の違いです。日本では、自分の意見をはっきりと述べることは必ずしも適切とは限らない一方、米国では確固たる意見を持ちそれを表現することが求められていました。渡米前にもこれら文化の違いを学んではいたものの、ビジネス・プライベートの両面で実際に経験した時は、とても興味深く感じました。それとともに、これらの違いを理解することが、今後のグローバル化が進む社会において重要になると再確認しました。

これから本プログラムを目指す学生へ

このプログラムは、社会で活躍されているメンター方とのディスカッション、多様な分野に及ぶ授業群、各々道筋が異なる方々によるキャリアパス講演、そして海外インターンシップなど、見識を深め、視野を広げる場を多く提供してくれます。一方で、主専攻の専門知識を深めることは、個人に任されています。本プログラムに興味を持たれた方は、これらの点を考慮した上で、是非参加を検討してみてください。