早期内定の応募要領

2017年度春学期RA(リサーチアシスタント)採用早期内定

本選抜は、2017年4月に実施する本プログラムRA採用を早期に内定するものです。この段階では、指導教員からプログラム参加への同意書は不要ですが、本プログラムへの参加希望は伝えておくのが好ましいです。4月になるまでは給与は支給されませんが、プログラムメニューへのお試し参加、高機能のe-ラーニング英語教材を自宅で使用可能などの特典があります。3月17日までに指導教員の同意書(本書は、博士進学を保証するものではない)を提出することで本採用となります。詳細は下記の通りです。この機会に奮って応募してください。

募集人数

15名程度

応募資格

慶應義塾大学大学院の下記研究科の修士課程入学試験に合格し、2017年4月に進学予定の者。
文学研究科、経済学研究科、法学研究科、社会学研究科、商学研究科、医学研究科、理工学研究科、政策・メディア研究科、健康マネジメント研究科、薬学研究科、経営管理研究科、システムデザイン・マネジメント研究科、メディアデザイン研究科

応募方法

RA申請願書(以下 願書)様式1、様式2、様式3、様式5の全てに必要事項を記入の上、下記締切日までに、各キャンパスの学生課大学院担当(または、大学院学事担当)まで提出すること。その際に、受領書(様式5の下半分)を受け取ること。また、願書の写しを保管しておくこと。
修士1年から奨学金(日本学生支援機構、等)の受給を予定している場合には、予定として様式1(履歴書)の該当欄に記載すること。
様式4(同意書)については、2017年3月17日(金)までに所属研究科の指導教員に相談し、その同意を得た上で、様式の所定箇所に署名と捺印をいただき、リーディング事務局へ提出すること。期日までに提出がないと、内定取り消しとなる。
なお、この同意は、当該指導教員がその応募学生を博士課程で受け入れることを保証するものではない。本プログラムについて質問があれば、下記問い合わせ先に気軽に相談されたい。
■ 願書の様式は、下記リンクよりダウンロードできる。
提出先:
各キャンパス(三田、信濃町、湘南藤沢、芝共立、日吉(協生館))の学生課大学院担当(または、大学院学事担当) 矢上:リーディングプログラム事務局(14棟3階14-309号室奥)
提出期間:
2016年11月29日(火)9時 ~12月1日(木)11時30分(厳守)

選抜方法

応募書類により第一次審査が行われる。第一次審査に合格した者に対して、口頭試問による第二次審査が行われる。
第一次審査の発表は、遅くとも12月3日(土)の夜までに行われ、その後、口頭試問による第二次審査が行われる。第二次審査は12月5日(月)~12月7日(水)の夕方に行われる。第二次審査の場所と時間の詳細については、第一次審査の合格者にのみ電子メールで連絡する。 願書には確実に連絡の取れる電子メールアドレスを記載すること。
合格発表(条件付合格;内定発表)は12月20日(火)13時までに行われる。
※ なお、RA内定者へはガイダンスが行われる。RA内定者に選抜されたものは必ず出席すること。日程・場所については別途連絡する。

RA内定者の特典(別途、利用案内やアカウント付与を実施)

①e-ラーニング英語教材の遠隔利用

②マイキャリアパス講演や各種イベントへの参加

RAの雇用(2017年4月の正式採用決定後)

この選抜に合格(条件付合格)した者であって、その後特段の採用取消事由(例:修士入学の取消、等)のない者は、2017年3月17日(金)までに記載要件を満たした様式4をリーディング事務局へ提出することにより、2017年4月から本プログラムのRAとして採用される。
RAは慶應義塾の就労規定に従って大学研究員(非常勤)として雇用される。修士課程の場合月額税込14.5万円~20.5万円が、博士課程の場合(ただし、Qualifying Examinationに合格していなければならない)月額税込20.5万円~24万円が支給される。 支給額は、随時業績により見直される。

問い合わせ先

慶應義塾大学理工学部学生課 リーディングプログラム事務局
電話: 045-566-1497 FAX: 045-566-1487
e-mail: