Q&A

Q1本プログラムの応募資格は?
A1慶應義塾大学大学院の13研究科に属した学生は誰でも応募できます。5年一貫のプログラムなので、修士1年時に応募することがベストです。応募時期はQ2参照。
Q2いつ、応募すればよいのでしょうか?
A2毎年4月の大学院入学式の日又はその翌日を締切日として学生を募集します。従って、事前に応募書類をホームページ(※)からダウンロードして記入しておくことをお薦めします。また、秋採用として9月にも追加の募集を行います。詳細は本ホームページ「応募と採用」欄を参照ください。 ※ http://plgs.keio.ac.jp/
Q3毎年何人ぐらい採用するのでしょうか?
A3約20人/年採用します。
Q4応募の際に、英語ができないと無理ですか?
A4本プログラムが育成する高度博士人材は、グローバル活動が前提なので英語が必要です。しかし、応募時には多少不得手であっても、採用後1年間の努力でできるようになれば、特に問題ありません。
Q5医学研究科のM. D. は参加できますか?
A5医師の資格を取った後に、博士課程1年入学時に応募可能です。なお、医学研究科のPh. D.の場合、修士1年入学時に応募することが考えられます。
Q6給与がもらえるのですか?
A6RAとして採用するので、修士で月14.5~20.5万円、博士で月20.5~24万円支給します。
Q7RAとは何ですか?
A7Research Assistantの略で、学生が給与をもらうための職位を指します。本プログラムは大学院改革のためのチャレンジです。研究員(非常勤)として採用された学生は、本プログラムが定めた科目の履修やイベントの実施に参加・協力するとともに、 一緒になって大学院改革にチャレンジすることで給与をもらう仕組みです。
Q8本格的文理融合とは何ですか?
A8「本格的文理融合」とは、文系と理系のように分野が大きく異なった2つの研究科の修士号を取得する中で、知識を大幅に広げ、様々な思考や異なった方法論を学ぶことです。その後に、再び主専攻に戻り、俯瞰力や独創的な企画力を発揮して研究を深めることを狙います。
Q9水飲み場効果とは何ですか?
A9サバンナの水飲み場では、多種・多様な生命の遺伝子交配により、生物が進化・発展してきました。これと同じ趣旨で、塾内13研究科から多様な分野の学生と教員が集まり、産業界や行政からも多様なバックグラウンドの専門家が集まる中で、多様な価値感が交流し、新たな刺激や気づきが得られることを言います。
Q103年で2つの修士号を取るのは大変ではないですか?
A10慶應義塾大学は、本プログラムで学ぶ学生のためにJoint Degree制度を2012年度に定めました。本プログラムに参加する学生が、本制度に参加する7研究科(文、経、商、理工、医学、政・メ、法)を副専攻に選ぶ場合、先取りや読替えにより、単位の取得を容易化する等により、主・副専攻修士の2つの修士号を3~3.5年で修得可能としました。
Q11修士号を2つ取ることは絶対条件でしょうか?
A11本格的な文理融合の実現のため、異分野の修士号を含め2つ取得することを基本としていますが、絶対条件ではありません。海外協定大学との連携協定や主専攻研究に係る留学を活かすことで、代替する道もあります。
Q12産業界や行政体との密な連携による革新的な教育とは何ですか?
A12毎週土曜日に、日本を代表する企業や地方行政体の部長クラスの有識者が特任教授(非常勤;「メンター」と言う)として本プログラムに参集し、グループプロジェクト演習の授業で学生を指導することです。個別討議と全体討議の組合せで、社会の生の課題を掘り下げ、解決策を模索する等で3時間程度のグループワークとなります。
Q13グループプロジェクト演習とは何を行う科目でしょうか?
A13産業界等から派遣されたメンターの指導によるグループワークを言います。詳細は上記A12を参照ください。
Q14メンターとは何ですか?メンター1人に何人の学生が付くのですか?
A14産業界等から派遣された経験豊富な有識者で、グループプロジェクト演習におけるメンターゼミの指導者のことです。1人のメンターに数人のRAが配置されます。詳細は上記A12を参照ください。
Q15授業は学生が1か所に集まって受講するのでしょうか?
A15土曜日の授業は、全RAが1か所(日吉西別館)に集まる集合方式で行います。平日の授業は、一部に集合方式がありますが、多くは遠隔で参加可能とする方式(所属キャンパスから教育クラウドシステムにて参加)も許容しています。
Q16本プログラムを修了するとどんな就職先があるのでしょうか?
A16期待したい就職先は、企業の事業・企画部門、国際機関、及び国や地方の政策策定機関が中心ですが、企業や公的研究機関の研究部門も考えられます。
Q17本プログラムを修了すると何か証明書が出るのでしょうか?
A17本プログラムの修了時、またはその後に大学院の博士号を取得できた場合は、その博士の学位記に本プログラムを修了した旨、付記されます。
Q185年修了後に博士号が取得できなかったらどうなるのでしょうか?
A18給与は最大5年間なので、それ以上は支給できませんが、本人がRAから外れて大学院の博士課程に残って研究を継続することに何の影響もありません。