3大学合同報告会を開催

2017年8月8日(火)、専修大学(生田キャンパス)にて、認知症プロジェクトに参加する3つの国内大学(専修大学、青山学院大学、慶應義塾大学)による活動報告会を開催しました。各学生の発表後に、自治体連携先である川崎市や渋谷区の方とディスカッションを重ねました。
本リーディングプログラムの学生も、今年度の夏から秋にかけて、各解決策を川崎市等の地域の中で試行実施し、11月には実施結果の一部を発表する予定です。

参加RAの発表タイトル
平尾美佳 「認知症の人もクラブダンスで自分を解き放ち、ストレス発散と運動を!」
今給黎薫弘 「D-mark Project〜栽培キットを用いた新たなケアの提案〜」
角 晴美子 「みんなが訪問したくなる認知症カフェの普及を目指して」

  • プレゼンテーションの様子

    プレゼンテーションの様子

  • ディスカッションの様子1

    ディスカッションの様子1

  • ディスカッションの様子2

    ディスカッションの様子2