ドイツ・Freiburg大学での研究留学

吉岐 航  理工学研究科 博士課程2年(2016年4月から),RA2012 
留学先:University of Freiburg, Germany
期間:2015年7月〜2015年12月

 私はドイツ・Freiburg大学マイクロシステム工学科のBuse教授の下で、訪問研究員として半年間研究を行った。Freiburgはドイツの南西の端に位置する小さな大学都市である。今回の研究留学の目的は、日本で行っている研究テーマとは少し異なるテーマに携わることにより博士論文の内容をより豊かにすること、そして日本人のいない完全に異文化の環境で研究を行うことでグローバルな環境の中で働く経験を得ることであった。
 滞在中は、現地の博士学生と共同して一つの研究プロジェクトを遂行した。自分の日本における研究テーマとは遠からず近からずといったものだったので、プロジェクトに貢献しつつも自分の勉強にもなるという、Win-Winの関係を築くことができたと思う。いざ研究室に加わってみると私以外のメンバーはほぼドイツ人だったことには少々閉口したが、全員が流暢な英語を話せる上に非常にフレンドリーだったので、快適な研究生活を過ごすことができた。また、隔週で開かれるOptics Colloquiumでは主に欧州の著名な研究者の講演を聞くことができ、大変有意義であった。
 研究以外では、研究室の学生主催のホームパーティーに招待されたりクリスマスマーケットに乗り出したりなど多くのイベントがあり、日本から離れていることによる寂しさを感じることはあまり無かった。また、週末にはケルンやベルリンといったドイツ各地やドイツと国境を接するスイスやフランスなどへも一人で繰り出すことでき、観光を楽しんだ。仕事とプライベートをしっかり分け、その両方に全力を尽くす”ドイツスタイル”の生活を学ぶことができたと思う。

Freiburg大学マイクロシステム工学科の校舎

リーディングRAと行ったドレスデンへの旅行

クリスマスパーティー

受け入れ先教員との写真