城西国際大学 ビジネスデザイン研究科 客員教授 (株)東芝社友 (前執行役常務中国総代表) 田中孝明氏 「『これからの社会が求める人材』~グローバルプロフェッショナル~」

2016年6月18日(土)、本プログラム活動拠点である日吉西別館にて、株式会社東芝の元執行役常務であり、現在は東芝の社友、そして城西国際大学ビジネスデザイン研究科客員教授である田中孝明先生にご講演いただきました。

田中先生は1975年に慶應義塾大学経済学部をご卒業になって東芝へと入社されて以来、東芝の中で人事や総務部長、海外事業推進事業部長といった様々な仕事に関わってこられ、また1980年にはアメリカへ留学してMBAも取得されています。今回は東芝に勤め続けながら田中先生が積んできた様々な経験をもとに、「『これからの社会が求める人材』~グローバルプロフェッショナル~」という題目でグローバル化の進むこれからの世界において考えるべき重要なことをご講演いただきました。

講演を通して一貫していたのは、一つの環境に閉じこもらずに外の環境での経験を積むことの重要性でした。田中先生は東芝という一つの企業に勤め続けながら決して一つの環境に安住することなく、絶えず新しい環境を求め続けてこられ、「社内キャリアでその道の社内専門家になることは重要だが、社外でも通用する専門性にするためには、自ら広く専門知識を学習することが必要」と語られました。その田中先生の言葉には、ご自身の経験に裏付けされた説得力がひしひしと感じられました。

本リーディングプログラムでは様々な研究科の学生、そして様々なバックグラウンドを持つメンターの方々が日々交流し、刺激し合っています。また、学生には副専攻という全く新しい環境で研究活動を行う機会も与えられ、通常の大学院生活では得ることのできない幅広い知見を得ようと日々努力を重ねています。今回のご講演は、そういった活動に従事している我々を強く勇気づけてくださるものでした。

(Texted by: RA5期生 理工学研究科修士1年 香西孝司)

田中孝明先生
城西国際大学 ビジネスデザイン研究科 客員教授
(株)東芝社友(前執行役常務中国総代表)

160618_top