日本経済団体連合会 永里 善彦氏 「これからの世界とモノづくり」を語る

2014年11月8日(土)、本プログラム活動拠点である日吉西別館において、日本経済団体連合会 産業技術委員会 産学官連携推進部会の部会長である永里 善彦氏にご講演をいただきました。

日本経済団体連合会は、世界に貢献できるグローバル人材育成の重要性を認識し、大学に対して大きな期待を持っています。また、産学官連携がイノベーション創出に大きな役割を果たすと考えています。今回ご講演を頂いた永里氏には、日本のこれまでとこれから、将来を見据えたモノづくりのために必要な技術、企業が将来の動向調査にリソースを割くことの重要性などのお話を伺うことができました。

お話は国際競争力ランキングにおいて日本の順位が下落した原因を考えることから始まりました。今後の世界でどのような戦い方が重要になるか、日本には何が必要か、という観点のお話を、豊富な事例とともにご説明頂きました。今後の経済について考える場合だけでなく、様々な分野で役に立つお話ばかりでした。永里氏がご活躍されていた旭化成でのエピソードでは戦略的に事業を進めるためには将来を見通すための調査がいかに重要であるか理解することができました。今後の我々自身のキャリアに役立つ、非常にありがたいお話でした。

(Texted by : RA 3期生 理工学研究科M1 池田)

永里 善彦氏
 文部科学省 中央教育審議会大学分科会大学院部会 委員
 文部科学省 科学技術・学術審議会 委員
 日本経済団体連合会 産学官連携推進部会 部会長
 株式会社 旭リサーチセンター 相談役
 遼寧中旭智業有限公司 董事長

日本経済団体連合会 http://www.keidanren.or.jp/
株式会社 旭リサーチセンター http://www.asahi-kasei.co.jp/arc/