カテゴリー別アーカイブ: キャンプ(夏・冬)

2017年度 サマーキャンプ

日程:
2017年8月26日(土) ~ 8月27日(日)
場所:
丸紅多摩センター研修所
〒192-0363 東京都八王子市別所2丁目39番2

超成熟社会に対する提案コンペ

本年度のサマーキャンプでは、キャンプの事前に、9チームに分かれたRAが、超成熟社会に関する課題を抽出し、フィールドワークを行いました。そして、キャンプ当日、各チームが抽出した課題に対する解決策について、アドバイザーである教員やメンター、修了生とともに議論を行い、アイデアのブラッシュアップを行いました。提案コンペティションでは、提案書を日英で作成し、英語でプレゼンテーションを行いました。

優勝チーム

氏名 所属 学年
岡本翔平 経済学研究科  博士課程1年
小島康裕 商学研究科 副専攻修士課程1年
石川貴啓 商学研究科 副専攻修士課程1年
今給黎薫弘 理工学研究科 修士課程2年
丁 飛 法学研究科 修士課程1年

優勝アイデア

「障害者雇用促進及び改善」をビジョンとした提案を行いました。特に、就労移行・継続支援事業において、工賃の向上による福祉的就労の底上げをするために、民間リソースを積極的に利活用するソーシャルインパクトボンド(Social Impact Bond; SIB)を用いたスキームを提案し、ファイナルコンペで優勝しました。ソーシャルインパクトボンドとは、行政等が成果報酬型かつ社会課題解決型の委託事業を実施し、その事業に対して民間からの資金調達を行うもののことです。

  • チームメンバー(左から石川、小島、岡本、丁、今給黎)

修了生の座談会

2017年3月にリーディングプログラムを修了した修了生が、サマーキャンプに参加し、座談会を開催しました。修了生は、リーディングプログラムで過ごした5年間や職場での業務体験を振り返りながら、リーディングプログラムで学んだことや就職活動のアドバイスを語りました。

ファイナルコンペティション

メンター、教員からのコメント

ディスカッション

座談会の様子

集合写真

2016年度 ウィンターキャンプ

日程:
2016年12月17日(土) ~ 12月18日(日)
場所:
丸紅多摩センター研修所
〒192-0363 東京都八王子市別所2丁目39番2

英語で議論するスキルを身につける

今回のキャンプではコンファレンス・コミュニケーションの授業で習ったディベートの技術を使い、英語で議論するスキルを身につける演習を行った。12チームに分かれたRAは与えられたテーマについて賛成と反対に分かれてディベートを行った。各チームには教員やメンターがアドバイザーとして参加し、評価も行った。RAは2日間で2回のディベートに参加し、自分の意見を短い時間で論理的にまとめ、英語で述べる訓練となった。また、最後にそれぞれのテーマについて日本語で議論することにより、テーマへの理解を深めることができた。

キャンプの様子

  • グループごとの演習

    グループごとの演習

  • ディベート

    ディベート

  • ディベートのサマリー

    ディベートのサマリー

  •  

    2016年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2016年度 ウィンターキャンプ

  • ディスカッション

    ディスカッション

  •  

    2016年度 ウィンターキャンプ

  • メンター、教員からのコメント

    メンター、教員からのコメント

  •  

    2016年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2016年度 ウィンターキャンプ

  • 集合写真

    2016年度 ウィンターキャンプ 集合写真

2016年度 サマーキャンプ

日程:
2016年8月27日(土) ~ 8月28日(日)
場所:
丸紅多摩センター研修所
〒192-0363 東京都八王子市別所2丁目39番2

英語でのファシリテーション研修

今回のキャンプでは2015年度ウィンターキャンプで学んだファシリテーションの基本スキルと手法を使い英語で議論をする演習を行った。初日(8/27)はRAが10チームに分かれ、それぞれのチームが与えられたテーマについて議論を行った。議論には芝浦工業大学からお招きした先生と2人の外国人大学院生にも参加していただいた。各チームには教員やメンターがアドバイザーとして参加した。2日目(8/28)は共通のテーマについて議論した2チームごとが5つのセッションに分かれて発表を行った。モデレーターは指名された3名のRAが務めた。教員は全てのチームを評価し、最後に順位の発表を行った。全てを英語で行うことにより、RAは前回のキャンプで学んだファシリテーションのスキルを復習するだけでなく、自身の英語力の課題を見つけることができた。

キャンプの様子

  • グループごとの議論

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  • 質疑応答

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  • メンター、教員からのコメント

    2016年度 サマーキャンプ

  •  

    2016年度 サマーキャンプ

  • 集合写真

    2016年度 サマーキャンプ 集合写真

2015年度 ウィンターキャンプ

日程:
2015年12月19日(土) ~ 12月20日(日)
場所:
クロス・ウェーブ府中
〒183-0044 東京都府中市日鋼町1-40

ファシリテーションを学び、成果の出る会議を実践する

今回のキャンプでは高橋竜三先生よりファシリテーションの講演をいただき、ファシリテーションの基本スキルと手法を学んだ。6チームに分けられたRAは演習を行った後、チームごと異なったテーマについて会議を行い、その成果を発表した。各チームには教員やメンターがアドバイザーとして参加し、短い時間で効果的で効率的な成果が出せるようアドバイスした。12/20はチームごと与えられたテーマに沿ったパネルディスカッションを行った。RAは学んだファシリテーションのスキルを使いながら活発に議論を行っていた。また、真壁理事より世界の大学の中で日本の大学がどのような状況にあるか、今後の大学の在り方について講演いただいた。RAが今回のキャンプで学んだスキルはGPEではもちろんのこと、今後社会に出てからも活用できるものであり、貴重な演習の機会であった。

キャンプの様子

  • 講師の高橋竜三先生

    2015年度 ウィンターキャンプ

  • グループごとの議論

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  • アドバイスするメンター

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  • 発表の様子

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  •  

    2015年度 ウィンターキャンプ

  • 真壁理事の講演

    2015年度 ウィンターキャンプ

  • 集合写真

    2015年度 ウィンターキャンプ

  • 集合写真

    2015年度 ウィンターキャンプ 集合写真

2015年度 サマーキャンプ

日程:
2015年8月29日(土) ~ 8月30日(日)
場所:
ラフォーレ修善寺
〒410-2415 静岡県伊豆市大平1529

チームワークを養いながら英語でのプレゼンテーション能力をアップ

今回のキャンプでRAは専門、学年の異なるメンバーで協力して与えられた課題を与えられた時間内にやりとげる力をつけることと、英語でのプレゼンテーション能力の向上を目指した。8/29はRAがチーム作りから行い、与えられたテーマについて教員やメンターからのアドバイスを聞きながらチーム内で議論し翌日のプレゼンの準備を行った。8/30は前日に議論し準備した内容を英語でプレゼンした。教員、メンター、RAの各チームがプレゼンを評価し結果を発表した。RAはチーム作りや議論でチームワークを養いながら英語でのプレゼンテーションを行う事で、今後の個人での発表スキルを上げるための多くの助言を得ることができた。

キャンプの様子

  • グループごとの議論

    2015年度 サマーキャンプ

  •  

    2015年度 サマーキャンプ

  •  

    2015年度 サマーキャンプ

  • 発表の様子

    2015年度 サマーキャンプ

  •  

    2015年度 サマーキャンプ

  •  

    2015年度 サマーキャンプ

  •  

    2015年度 サマーキャンプ

  •  

    2015年度 サマーキャンプ

  • 集合写真

    2015年度 サマーキャンプ 集合写真

2014年度 ウィンターキャンプ

日程:
2014年12月20日(土) ~ 12月21日(日)
場所:
富士教育研修所
〒410-1105 静岡県裾野市下和田656

超成熟社会の問題について議論を展開

3名のプログラム担当がモデレーターを務め、超成熟社会における問題(外国人労働者問題、財政再建、男女のキャリア形成)について長時間(1テーマにつき90分、3セッション)の議論を行った。3グループに分かれたRAと教員により白熱した議論が行われた。RAはメンター、プログラム担当、指導教員、特任教員の様々な視点からの意見を聞くことにより、問題への理解を深めることができた。2日目には前日に議論したテーマから各RAが1テーマを選び、それぞれのグループとしての議論の結果を発表した。発表後は参加者全員が議論に加わり、活発な質疑応答が行われた。発表についてメンターとプログラムコーディネーターから総括があり、RAは議論の進め方やまとめ方について多くの気づきを得る事が出来、今後、様々なテーマで議論をする際にこの経験を活かせる事と期待している。

  • グループごとの議論

    2014年度 ウィンターキャンプ

  • モデレーターのもの活発は議論が行われた

    2014年度 ウィンターキャンプ

  • 発表の様子 

    2014年度 ウィンターキャンプ

  • グループを代表して発表するRA

    2014年度 ウィンターキャンプ

  • 発表を聞くRA

    2014年度 ウィンターキャンプ

  • 総評するメンター

    2014年度 ウィンターキャンプ

キャンプの様子

  • 集合写真

    2013年度 ウィンターキャンプ 集合写真

2014年度 サマーキャンプ

日程:
2014年8月23日(土)~8月24日(日)
場所:
慶應義塾大学 鶴岡タウンキャンパス(鶴岡メタボロームキャンパス)
山形県鶴岡市覚岸寺字水上246-2

慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパスでキャンプを実施

8/23はプログラム担当によるオープンセミナーと、RAによるプレゼンテーションコンペティションの予選を行った。セミナーには約60人の市民の方が参加し慶應の取り組みに耳を傾けた。コンペティションはRAが8チームに分かれ行い、プレゼンテーションの優劣を争った。プレゼンテーションに対し、審査員(メンター、プログラム担当、指導教員、特任教員)より、多数のアドバイスがなされた。審査員は全チームを採点し8/24に決勝として再度プレゼンテーションを行い、優勝チームが決められた。RAはチームで取り組むことによりプレゼンテーションのスキルに向上が見られた。また、今後の課題も見つかり、秋学期に向けて大きな収穫となった。
また、慶應義塾大学先端生命科学研究所所長の冨田勝教授、鶴岡に拠点を置くスパイバー株式会社の菅原潤一様よりご講演いただき、地球規模の課題に取り組み、人類社会の発展に貢献するというヴィジョンのもと、研究開発成果を事業として軌道に乗せた貴重な体験を伺う事ができた。

オープンセミナー

2014年度 サマーキャンプ

  • 長谷山彰 慶應義塾常任理事

    2014年度 サマーキャンプ

  • 山中直明 理工学部教授

    2014年度 サマーキャンプ

  • 大西公平 理工学部教授

    2014年度 サマーキャンプ

  • 神成文彦 理工学部教授

    2014年度 サマーキャンプ

RAによるプレゼンテーションコンペティション

2014年度 サマーキャンプ2014年度 サマーキャンプ

講演

  • スパイバー株式会社 菅原潤一様

    2014年度 サマーキャンプ

  • 冨田勝 慶應義塾大学先端生命科学研究所所長

    2014年度 サマーキャンプ

キャンプの様子

  • 集合写真

    2014年度 サマーキャンプ 集合写真

2013年度 ウィンターキャンプ

日程:
2013年12月21日(土) ~ 12月22日(日)
場所:
富士教育研修所
〒410-1105 静岡県裾野市下和田656

グループプロジェクト演習のポスター発表も

2年目の締めくくりとなったウィンターキャンプは、RAはグループプロジェクト演習の内容についてポスター発表を行った。発表に対し、メンター、プログラム委員、指導教員、特任教員より、多数のアドバイス、意見交換がなされた。今後のグループプロジェクト演習だけでなく、副専攻に進学する上で、大きな収穫となった。2日目のRAの発表後、RAは合同フォーラムでのプレゼンテーションについて話し合いを行った。また、今後のプログラムの運営等についてプログラム担当者だけでなく、指導教員やメンターと話し合いを行い、更なる改善案を検討した。

  • ポスター発表

    2013年度 ウィンターキャンプ

  • ポスターを前に議論するRA、メンター、教員

    2013年度 ウィンターキャンプ

  • ポスター発表

    2013年度 ウィンターキャンプ

キャンプの様子

  • 集合写真

    2013年度 ウィンターキャンプ 集合写真

2013年度 サマーキャンプ

日程:2013年8月24日~8月25日
場所:富士教育研修所
〒410-1105 静岡県裾野市下和田656

24名のRAがキャンプで発表

発表するRAの様子

2013summer-012013summer-02

2回目となったサマーキャンプでは、4月に採用された修士1年に加え、昨年度からプログラムで活動している修士2年生が自分の研究、本プログラム・グループプロジェクト演習での進捗、および今後の見通しについて発表を行った。RAの発表に対し、メンターや教員から積極的な質疑が行われ、RAは多くの貴重な意見を得られた。

メンターからの質問を受けるRA

2013summer-03

講演

2日目の午後には超成熟社会における視点で講演が行われた。活発な質疑応答が交わされた。
2013summer-042013summer-052013summer-06

 

キャンプの様子

セッションのチェア

2013summer-07

集合写真

2013summer-08

2012年度 ウィンターキャンプ

日程:2013年3月16日~3月17日
場所:富士教育研修所
〒410-1105 静岡県裾野市下和田656

1年目を締めくくる発表

発表するRAの様子

2012winter-012012winter-02

RAは自分の研究の進捗状況、本プログラム・グループプロジェクト演習の成果、インターンシップの報告、来年度の計画および今後の見通しについて発表を行った。RAの発表に対し、メンターや教員から多くの質問や貴重な意見、アドバイスがあり、大変有意義なキャンプとなった。

遠隔で発表するRAの様子

2012winter-03

講演

2日目の午後にはキャリアパスについて講演が行われた。活発な質疑応答が交わされた。

キャンプの様子

富士山を背景に

2012winter-04

集合写真

2012winter-05